ドラクエ10

番長的ドラクエ10感想その2

アーマリーシステム

FF14のキャラクター育成システムについて、新生を前にいまさら論じる人ももう居ないかもしれないが、かつてはフォーラムで議論が白熱する定番の 燃料 話題だった。

新生でもアーマリーシステムは継続することは既に 吉田Pも言明しているし、番長も基本それでいいと思っている。

ただ、他のゲームのシステムや、その上で繰り広げられるユーザー世相を見ながら、今一度アーマリーシステムと言うものを見直してみるというのも面白いんじゃないだろうか。

今回の番長的ドラクエ10感想は
「戦闘とキャラクラーキャラクター育成について」だ。



■戦闘はボス戦は楽しい!・・・でも雑魚戦が・・・

戦闘システムは、一言でいうと
ドラクエらしさが感じられる疑似ターン性の戦闘システム
と言う感じ。
プレイ感覚は、 ドラゴンクエストのまさにそれ 、と言った印象。


FF14の戦闘システムを、「いつでも攻撃できるけど、スキルにリキャスト時間が設定されている」リキャスト制とするなら、
ドラクエ10の戦闘システムは「一定時間で攻撃機会(戦闘コマンド)がやってくる」ターン性システム。


TPみたいに攻撃でゲージが溜まるようなシステムは無いけど、
戦闘コマンドでは、MPが許す限り強力な魔法やとくぎを繰り出すことが出来る。
リキャストは無い。

モンスターのターゲットは、FF14みたいにシンボルクリックやタブ切り替えでなく、コマンドに出てくる攻撃対象リストから選択する、これもドラクエお馴染みの方式。

従来のドラクエと違うのは2点
1.コマンド選択中も他のプレイヤー、モンスターの行動が継続している
2.バトルフィールドを自由に移動し、敵との間合いをとったり、味方とモンスターの間に入ってモンスターを押したりできる。


1点目は、オンラインゲームであれば当然だけど、ドラクエでアクティブタイムバトル的な戦闘なのは初めてだと思う(ちなみに、番長は7と9は未プレイ)。
例えば僧侶でプレイする時は
「誰かがダメージを受けるまでコマンドの決定を待ってホイミをかける」
みたいな感じになる。

2点目は、「すもう」で知られる、ドラクエ10のクラウドコントロールシステムだ。
FF14のモンスターのヘイトを管理するシステムに比べて、とても直感的だ。
殴られたくない魔法使いや僧侶は敵から離れる。戦士はモンスターを彼らに近よさせないために体を張る。


誰がターゲットになるかは、割とランダム要素が強い。
「ばんちょうに怒り!」
とか、分かりやすくターゲットしてくることも多い。


じゃぁ、これが面白いか、というと、番長は面白いと感じた。

まほうやスキルを状況に合わせて何を優先するか、位置取りをどうするかなど、工夫する余地が沢山ある中で、FF14の戦闘では誤クリックや、カメラ位置などで死角になったりで、イラっとするような操作ミスをすることが少ない。

ドラクエ10はボス戦が特に楽しい!

ただ、FF14みたいにMPの自動回復が無いので、MP管理は大変。
MPが尽きると基本アイテムで回復することになるけど、これが金食い虫。
1ターン消費するので、ボス戦とかで戦闘が長引くとどんどんゴールドが溶けていく。
10月のアップデートで上級職が解放されると状況変わると思うけど、現時点でラスボスとかに行くと、出費が大変なことになる。

でも、なんだかんだいってボス戦は楽しい!

逆に雑魚戦になると、ちょっと退屈。
連戦するためMP節約すると大技使いにくいし、シンボルエンカウントで敵にあたって占有して、1匹~3匹くらいの敵を倒して次のシンボルに当たる感じ。

FF14みたいに周りの敵が大量にリンクしてきて、どっかーん!と範囲攻撃したり、チェーンで経験値ボーナス狙うような、爽快感や変化が無いので、とにかく退屈になりがち。

後述の転職でのレベル上げ問題と合わせて、このザコ戦の退屈さが修行レベルになっている。


続きを読む

番長的ドラクエ10感想その1

前回の日記の通り、8月はドラゴンクエストに入り浸っていたのですが、ひとまずエンディングまでいけました。

以前、 βテスト最終日に潜り込んだ様子はレポートしたけど、今回は正真正銘の本編。

同じスクエニの、国産大型PRGのタイトルとして気になっている人もいるだろう。
新生FF14以降に伴う停止期間にやってみようかなー、って人もいるんじゃないかな。

Wii買ってまでやるほどのものかは微妙だけど、興味のあってWii環境があれば、とりあえずクリアまでやってみれば、今後の話のネタに困らないんじゃないかな。新生でもドラクエX出身者くろだろうし。

って感じ。



■ドラゴンクエスト10は堀井雄二が再設計したMMORPG

ドラゴンクエスト10は、8月2日からサービス開始したドラゴンクエストの最新作で、初のドラゴンクエストのオンラインゲーム。

プラットフォームはWiiで、この冬に発売されるWiiUにも対応。
WiiUのプレミアム版にはWiiU版ドラゴンクエスト10のβテスト参加権がついている。

開始時期は明言されておらず、ローンチと一緒はたぶんないなぁ、と思っている。まぁ新生FF14とはモロ被りであろう。

新生FF14のPC版とPS3版と同じように、プラットフォームが違っても同じワールドでゲームすることになる。

ドラゴンクエスト10がどういうゲームかって、自分なりの解釈を言うと、 「MMORPGだから」 って言い訳をしない。 「MMORPGなら」 って拘りも排して、 「ドラゴンクエストのオンラインゲームを作った」 って感じ。

前者は、 「友達がドラクエ10やっているから自分も始めたけど、サーバーが別で一緒に遊べない」 という、MMORPGで定番の制限をすごい苦労して克服してるような部分にみれるし、後者はアイコンやログ、マクロなど、とにかく便利にとインフォメーションが多くなりがち(敷居が高い)な画面を、大胆に削ってすっきりシンプルに見せている(不便なことろはある)


逆に吉田Pの新生FF14は、 最高の普通のMMORPG を作ろうとしているように感じる。
どっちが良いかは人によると思う。
(ちなみに、吉田PはFF14くるまでドラクエ10のチーフプランナー をやっていた)

なので、ドラゴンクエスト10をやるなら、
「自分の思い出のドラゴンクエストや、自分の理想のMMORPGなんか求めないで、ただ、堀井雄二のドラゴンクエスト最新作を楽しむ」
っての、一番楽しくドラゴンクエスト10をプレイするコツかな。
(ずっとやることを前提にしないで、オフゲー間隔で、とりあえずエンディングまでやってみるというのも十分アリ。本体ごと買うにはちょっと高いけどw)


ドラゴンクエスト10とFinalFantasyXIVの違いはいっぱいあるけど、
一番の違いはユーザー同士のコミュニケーションに対する姿勢だと思う。

一言で言えば、
ドラゴンクエストは過保護、FinalFantasyXIVは放任。
難易度云々もあるけど、番長がドラゴンクエストが初心者向けだな、と思う一番の理由はここ。

第1回はここらへんについて紹介したい。
続きを読む
プロフィール

旧Lodestoneのアーカイブです。

Final Fantasy X|V 新生エオルゼア
Carbuncleワールドでプレイ中

普段はLodestoneで、たまにブログも書いています。

記事検索
Twitter