【更新】データ再取得完了。キャラクター育成状況調査のグラフ修正と追加。
【更新】キャラクター育成状況調査でデータ収集にバグが見つかり、現在再調査中です。


というわけで、 その1からの続き

ドラゴンクエスト10では、定期的に「 ドラゴンクエストX 国勢調査」というものをやっている。さすがに公式だけあって、運営側でしか知りえない情報が満載だ。

たとえば
・モンスター討伐ランキング
・種族・性別分布(サンプリングでなく全数調査)
・バザーの1日の総取引件数(出品数と購入数の合計)
・バザーの1日の総取引金額
みたいな。

公式でここまでやられると、番長のようなプレイヤーは何もすることがないのだが・・・(いや、ゲームプレイしろってことだろうけど)。

でもまぁ、折角交流酒場もオープンしたことだし、答え合わせの意味も込めてやってみた。

ちなみに、ここから先はFF14プレイヤーを全力で置いていく感じになるのでご了承下さい。

なんで冒険者の広場でやらないかは、先の日記に述べた通り、
冒険日誌に画像のアップロード機能が無いからであり、
他にブログとかやってないから、ここしか出す場所ないんです!


■記事を書いた公開日誌の推移


冒険日誌がリリースされた4月30日から6月8日までの「記事を書いて、公開範囲を無制限にした日誌数」の推移だ。

ちなみに、公開範囲が無制限の日記が全体のうちどれくらいかというと、今さっき(6/9 20:37の時点で 74956 件。これが、ログインしてみると 188184 件。
プレイヤー公開している日記の中で、Lodestoneのように外部まで含めて無制限に公開しているのは30%くらいと見ていいだろう。逆に言えばこの調査の数字を2.5倍すれば冒険日誌を公開している数になる。
ただし、フレンド限定公開の人もいるので、それを含めればもっとあるだろう。もっともそっちは交流酒場には出てこない。

最初に目立つのは公開翌日。公開した日に帰ってきて遊んで日記を書いたら0時を回っていた、というのは翌日になる。

この日で4000投稿over。
Lodestoneの日記の中でもっとも投稿数が多かったのが2010年9月27日の1925 記事なのでその倍。これにプレイヤー公開日誌推定数の2.5を掛けると、約1万件の投稿が1日であったことになる。

さすがドラクエ。すごいね。

最初はものめずらしさで書いていたけど、上にも書いたように交流機能が薄いので自分もあまり冒険日誌書いてないのだけど、数字の上でも徐々に1日の投稿数減っていって、だいたい1000件前後になっている。
そして、いっきにハネ上がるのは、交流酒場オープンの5月30日。
ただ、これにはからくりがあって、交流酒場のオープンのこの日から7月1日までにプレイヤー公開以上で記事を書くと(つまり交流酒場に表示される設定で書くと)、FF14でいうところのエモートを取得できる「 しぐさ書」が貰える。つまりアイテムで釣っているわけだ。

交流酒場リリース初日に書く必要はまったくないのだけど、「とりあえずしぐさ書ほしいので書きました!」という日誌も相当目に付いた。

まぁ、別に釣った運営も釣られたプレイヤーも悪いとは言わないし、新機能を使ってもらうためのプロモーションとしてはアリだろう。
キャンペーン中に手に入れられなかったプレイヤーも後日別の手段で手に入れることは可能とアナウンスされている。

その日の投稿が6000。2.5を掛けると15000だけど、たぶんこの日のプレイヤー限定公開の割合は通常よりは多い気がする。根拠ないけど。

その後、アベレージは2000記事/日まで上がっている。これが今後も続くかどうかは、キャンペーン終了後の7/1以降の動きを見るしかない。

■種族・性別分布
公開日誌を書いた人で、プレイヤー情報も公開している人のデータを収集した。
その数19274人分。

とりあえず、そのサンプルで種族・性別別に集計してみた。


この種族・性別分布については、構成比が公式の「 ドラゴンクエストX 国勢調査」でも発表されているので、その数字と比べてみよう。

随分違うな・・・。
タネ明かしすると(ネタバレだけど)、ドラゴンクエストXではプレイヤーは人間として生まれて、ある事件でアストルティアの他の種族に転生するのだけど、ストーリーが進むと、転生前の姿と後の姿を切り替えることが出来るようになる。

公式の国勢調査の方は細かく言及していないけど、単にプレイヤーの登録数ということであればキャラを作って引退したキャラクターや、サブキャラとして作って倉庫にしているキャラクターも相当数含まれるだろう。

片や、公開日記を書いているようなプレイヤーはある程度アクティブなプレイヤーだけを抽出できているとも言える。
街中を歩いての肌感覚として、どっちが合っていそうかは、プレイしている人のご感想にお任せするが、とりあえずこういう結果になった。

公式発表より人間の割合がかなり高いが、仮にこの差をその種族でなく人間でプレイしている人の割合と見ると、どの種族の人が自分たちに愛着を持っているかが見えてくるのではないだろうか。
そう考えてみると、愛着度1位はなぜか逆転しているプクリポ男の108%。
2位にドワーフ女(通称ドワ子)の96%。
以前ドラゴンクエストX斉藤プロデューサーも、口頭で「ドワーフ女は、一番人間に戻る率が少ない」と言っていたが、こちらの調査ではプクリポの男性が一番低かった。
まぁ、ドワ子が愛されていることには変わりないけどね。
続いてドワーフ男(通称ドワ夫)の92%、エルフの男の91%,エルフ女の90%と続く。

逆に、人間に戻る率の高い、愛着度の低い種族は1位はオーガ男の42%が断トツ。
オーガー女、ウェディ男女、プクリポ女が77%程度で同じくらい。

オーガ男は極端だね。
たぶん、業者がキャラ適当に作るときに、適当に選んでいるか、少しでも有利な種族を選んだり(オーガは火に若干強く、金策に良く使われるモンスターの火炎攻撃に強いとか)、そういうのに使われているんじゃないかな。最近は通報機能の実装もあって、もっとカムフラージュするようになったけど・・ ・。

好きで選んでプレイしている人にとってはいい迷惑だよね。
(そういえば、FF14でルガディンを使っている業者は見たことないな)

■職業分布
次は職業分布。
戦士が弱い、弱い言われてて、ver1.4で強化されたけど、それまで運営側は国勢調査の数字で、選んでいるプレイヤー数では断トツに多い、というのが釈明のように使われていた。

もちろん、先に上げたように、登録したデータだけを見るのと、実際のアクティブプレイヤーを抽出した場合では結果に違いがでる。
また、アクティブプレイヤーの定義によっても変わってくる。番長のは「冒険日誌を公開で書いたプレイヤーの中で」という定義だが、これが正しいというより、これしか収集のし様が無いという理由だ。

まずは結果をみてみよう。

プレイヤー数の多い順に並べてみた。
ドラクエ10では、自分がログインしていないときはサポート仲間として他のプレイヤーに使ってもらうことが出来る。
自分でプレイしている職業と、サポート仲間として稼いでくれる職業が違うことも多いので、そういう意味ではサポートの人気職という意味あいもある。区別は難しい。

1位になったのは盗賊。強化するほど高い攻撃性能を持つツメを装備することができて特技を使うためのMPもそこそこ、たまに盗んでくれたりと、金策でも役に立つ人気職業。さもありなん、といったところ。
2位は僧侶。強い敵と戦うには欠かせない回復のエキスパート。
3位は武道家・・・とつづくけど、注目すべきは 戦士
なんなんだこの公式発表との差は!

まぁ、はっきり言って。こっちのが現実だと思うけど・・・これ以上はコメントすまい。

バトルマスターや賢者などは、公式発表があった時は実装されたばっかりだったので低めに出たのだと思う。攻撃力の高くMP燃費もいいバトルマスターは人気だね。

2名いるスライムは忘れて下さい。
■職人分布
つづいて職人の分布を見てみよう。


さいほう職人、ランプ錬金職人、ツボ錬金職人、武器鍛冶職人が多い。
武器鍛冶職人は、公式発表ではもっと多かったが、今回の調査では意外に少なかった。
少ないと言われていた職人も、公式発表よりはもうちょっとだけ多いという感じ。

職人レベルの分布をみてみよう。


ツボ錬金職人、ランプ錬金職人の高レベル帯が多い。これは汗と涙の結晶システムのおかげで赤字にならずに作業できるレベルの上げ易さが大きいと思う。
職人レベル35→40に開放されたときには、もう結晶作るためのレベル上げがひと段落してしまって伸び悩んでいる感じが・・・。まぁ全部番長のことなんだけど。

他の職人は33あたりが多いかな。詳しい数表は大きいのでこちらに


職人にはもうひとつ、職人の称号というシステムがある。
レベルはコツコツ生産を積み上げれば上げることが出来るが、称号は自分が作ったものが、バザーでも手渡しでもいいので、他の誰かに使われた(錬金された、装備された)時初めてポイントが入り、高ランクの称号は高ランクの装備にチャレンジしないとなれない。
そんな感じ。これが高いとリスクを負ってチャレンジしている感がある。
その分布を見てみよう。


さいほう職人が、ツボ錬金、ランプ錬金と比較して最高ランク「生きる伝説!」の人数が少ない。まぁ、これも上げ易さに比例しているのだけど、装備品の高ランク品は原価も高く、失敗すると大赤字になるのでやりたがらない。
需要の厚い装備が低・中ランク品に固まっていると、そちらを確実に高品質なものを製作する方が実入りは良いのだと思う。

職人プレイはあまりしてないので、どの職人が儲かるとか、その辺の感覚は良く分からないけど、とりあえずこんな結果になりました。

■キャラクター育成状況

冒険者の広場には、現在のプレイヤーの職業のレベルが表示されているが、それ以外の職業のレベルがどれくらいかは直接は分からない(Lodestoneは全部数字でているけど)。

ただ、キャラクターのステータスのところに、スキルは表示されている。
ドラゴンクエスト10のキャラクターの育成は、いろいろな職業でレベルを上げて各職業専用のスキル効果(パッシブスキル)という、持てばステータスが底上げするスキルや他の職業でも使いまわせるスキルなどを取得することで強化できる。

なので、そのスキル効果を見れば、装備品以外で、どのくらい素のキャラクターを強化しているかがなんとなく分かる。

そのなんとなくを以下のように数値化してみた。
各職業で取れるスキル効果を全部取れば1。
たとえば、戦士の専用スキル「ゆうかん」は、ランク10までで取れる、他職業でも使えるスキル効果は7つ。これをどこまで取れたかを以下のように評価する。


これを12の職業すべてで計算して合計する。
これを「パッシブ進捗」と仮に呼ぶ。理論上の最大値は12。

ただ、12という数字は全てのスキルポイントをパッシブに振ってしまうことになり、武器のスキルが取れないので、通常は、どこかを妥協することになる。

というわけで、パッシブ進捗ごとの分布をグラフにしてみた。

かなり高いレベルに多く分布している。

見やすくするために、少数を切り捨てて表にしてみた。


最大値12まで行っている人が318人いる。
たぶん全職業カンストして、取れるものは全部取っているレベルだろう。

10や11は、いくつかの職業のパッシブを諦めてその分を武器スキルに回している感じ。メインの職業をカンスト近くまで上げて、あとの職業の平均レベルが65とか60とか55とか50とか、段階的に下げていった感じのプレイヤー分布、といったところか。

サンプルが公開日誌を書くくらいのアクティブなプレイヤーというのもあるけど、
みんな意外と頑張って育てているプレイヤーが多い印象。

ちなみに自分の場合、レベルで言うと全12職のレベルが
戦士60,魔法使い65,僧侶65,武道家61,盗賊60,旅芸人65
パラディン67,魔法戦士60,レンジャー55,スーパースター65, 賢者45,バトルマスター69

パッシブ取りきっていないのが、
魔法使い 0.5
盗賊 0.17
旅芸人 0.43
レンジャー 0.5
でパッシブ進捗9,6。

そんな感じ。

【追加】
最後に、職業ごとに、パッシブスキルを最後まで取得している人(評価が1の人)の割合を出してみた。


ちからとHPのパッシブが多い武道家が80%、みのまもりとHPのパッシブが多いパラディンが70%が人気だ。この辺は前衛・後衛共に敵の攻撃から生き残るために欲しいところ。
前衛向き、後衛向きの戦士、バトルマスター、魔法戦士(HP+20まで)と後衛向きの魔法使い、僧侶、賢者で、60%前後の取得率。
器用さや魅力のパッシブが多い旅芸人、レンジャー、スーパースターはそれが活きる職業をメインにしている人が持つ感じで30%。
一番人気が無かったのがすばやさのパッシブが多い盗賊の6%。

みんながどのステータスを重要視しているかが見えてくるよね。


ということで、ドラクエ10のプレイヤー動向調査でした。

使えるデータがオープンで豊富なほど面白い調査が出来るので新生Lodestoneにはいろいろ期待しています。

が、プレイヤーとしては情報の公開制限機能とかは合ったほうがいいのと思っているので、取れる範囲で分かることを、いろいろ工夫しながら調査していきたいと思います。
ということで、新生でもLodestone国勢調査にご期待下さい。

Lodestoneコメント

新着より失礼します。

すごく面白いレポートですね。
新生14でもこういう分析ができるといいですね。
(金策とかレベルアップのモチベーションになりますしね)
Snowdrop Candy (Sargatanas)2013年06月09日 23:43
細かくてビックリ@3@
Terumi Sakurai (Excalibur)2013年06月10日 02:13
ばんちょーの分析にはいつも脱帽なのであります!
ドラクエ10も頑張ってるんですねー。
Lucia Neith (Hyperion)2013年06月10日 22:43
来てくれてありがとでした( *´∇`)_旦
そして分析してたのがさすが番長である…少しはいいテストになったのかなw
Terumi Sakurai (Excalibur)2013年06月17日 04:08