7日の発表は 新生オープニングムービーでした!


・・・ってもう半月前になるのか。

ご無沙汰しております。ただいまドラクエ10プレイ中の番長です!

新生FF14のシステムの詳細はまだ分からないけど、我らが吉田Pがチーフプランナーをしていたドラクエ10がどういう仕様になっているか、また、その中でプレイヤー達がどういう動きをしているかが見えれば、 新生FF14がどんな感じになるかな、ってイメージできるんじゃないか。

そんな感じでお伝えしている番長的ドラクエ10感想。

以前の報告は

その1「基本的なコンセプトとプレイヤー同士のコミュニケーションについて」
その2「戦闘とキャラクター育成について」
その3「生産・職人システムとアストルティア経済」
その4「ハウジングとマッチングによるパーティプレイについて」

そして、第5回は 「生産・職人システムとアストルティア経済その後」 だ。

5と後を掛けているわけじゃないぞ!

まずは軽く第3回のおさらいから

■装備品を素材にリサイクルする汗と涙の結晶システム

ドラクエ10の装備は、一度装備してしまうと他の人に譲渡できない。
ゲーム経済のメリットとしてはこんな感じかな。
・中古品が出回り、職人の需要が減るのを防ぐ
・引退やRMTなどで高価な装備が流通するのを防ぐ


でも、新しい装備を買ったら古い装備は安い店売りしかないので、プレイヤーにとっては厳しい。
そこで出てきたのが 「汗と涙の結晶」システム


これはFF14の練成と同じように、装備して自分と同格以上の敵と戦闘することで 「使い込み度」 が上がっていき、使い込み度が100になると 職人用の素材「汗と涙の結晶」に変えることが出来る

これは取引できるので、自分で使ってもいいし、バザーで売って金策にしてもいい。

この素材は、FF14のマテリアのような特殊な効果があるものではなく、どちらかと言うと触媒にあたるマターに近い。
特殊な効果は職人の錬金合成でつける。

FF14ではいいマテリアが取れるかどうかは運要素が強かった。
いい武器からは人気があって高く売れるマテリアが取れる確率が高いが、ほとんど需要がないマテリアに変換されてしまうこともあった。

ドラクエ10ではいい装備からは「汗と涙の結晶」が取れる量が増える。そうでもない装備からはそれなりにしか取れないが、 1個の装備から結晶5個取っても、5個の装備から1個づつとっても、結晶の価値は同じ。 戦闘による使い込み度向上の効率が違うだけ。

また、取れる数にはランダム要素はなく、装備レベルと錬金強化の量で数は決まっている。

この汗と涙の結晶は、バージョンアップで追加された強力な装備や、ハウジングのぬいぐるみ、上級錬金などの際に10個、20個の単位で必要になってくる。
マテリア合成の触媒マターみたいな種類はなく、1種類だけなので需要も安定している。

この新機能によるアストルティア経済への影響は大きかった。

1.低レベル帯の装備の需要が一気に増えた。
今までは、一つの職を高レベルにしてしまえば、転職してのレベル上げは、高レベルのサポート仲間を雇えば裸でも問題なかった。
でも、現在では何か装備して結晶を作ればそれだけ利益になるので、低レベル帯の装備の需要が増えた。

また、装備レベルが高い装備からはより多くの汗と涙の結晶が取れるけど、装備レベルの高い装備を職人が作るので、それなりにコストがかかって高い。

装備を買って、結晶作って売ることで黒字になるのは、製造コストの安い装備だけ。
装備レベルの高い装備では、下取りや最低金額保障にはなるけど、基本的に赤字になる。

低レベルの装備の利幅が大きいので、低レベル職人さんにも儲けるチャンスがある。

2.出来のよい装備の価値が一定部分まで担保された。
いままでは、職人が出来の良い装備をつくっても、人気のない装備だったら見向きもされなかった。それが、汗と涙の結晶が取れる分は最低限担保されるようになった。

また、錬金効果で人気のない効果がついてしまったり、失敗しても、錬金効果が付いているというだけで、汗と涙の結晶の取れる数が増えるので、これも価値の最低保証になっている。

3.システムからのゴールド供給が増えた。
これまで、なけなしの金額で店に売るしかなかったものが、価値のあるアイテムに変えることができる。これは、システムから供給されるゴールドが増えたことと同じ。

また、低レベルだと、原価の安い低レベル装備来て格上の戦闘も苦ではないけど、高レベルだとなかなかそうはいかない。ライトプレイヤーがレベル上げしながら、汗と涙の結晶を供給して、カンストしたヘビープレイヤーが買っていくという、お金の流れが出来た。

問題になっていたデフレについては、職人さんがいろんなレベル帯の装備でも高品質品で稼げるようになった分、品質が並くらいの品(失敗品)の値段はそれなりに抑えられているので買う側の初心者さんも手出しやすい。
素材価格も、だいぶ前から安定してきている。

相変わらずお金かせぎにくいところもあるけど、一時期のどうしようもないデフレよりかはマシになってきている。一部の高級品を除けば、初心者泣かせのバザーインフレにもなってないし、運営はいい調整しているな、って思っている。

この仕組みひとつで、今までアストルティア経済を覆っていた問題の多くが改善した。
いや、秀逸なアイデアとバランスだと思う。

■激しく変動する結晶相場と外部情報サイトの影響
と、運営を褒めておいたところで、次はプレイヤーサイドの話。

「汗と涙の結晶」システム実装当初、新レシピはちいさなメダル等で比較的簡単に手に入ったけど、その素材として要求される「汗と涙の結晶」の供給量が足りない。

最初は1個4000ゴールドくらいで売れた。これは、ハウジング用のぬいぐるみだけで結晶30個=12万ゴールドの原価がかかって、一部の道楽者しか手が出せないレベル。

その内、新職業のレベリングなどで供給がどんどん増えていって、
1日目 4000ゴールド
2日目 2500ゴールド
3日目 1500ゴールド
4日目 1200ゴールド

と、1日毎に暴落をつづけ、大体1000から12000ゴールド近くで落ち着いた。

・・・かに見えた。

相場が動いたのは、装備レベル・錬金効果と取れる結晶の数の関係がヘビープレイヤー層や2chなどで検証され、 攻略情報サイト等で情報を追いかける層 くらいまでに出回った時。

FF14のマテリアのようにランダム要素がほぼない「汗と涙の結晶」システムにおいて、この出来事が意味することに番長が気が付いたのは、結晶の暴落と言う結果を目の当たりにした時だった。

つまりこれは、結晶製造の原価構造が解明され

利益=(取れる結晶の数×結晶価格)- (装備品の価格+錬金のコスト)
この式でみんながソロバンをはじけるようになると、みんなが効率のいい結晶生産をするようになる。

また、利益0になる結晶の売値、つまり「汗と涙の結晶」の限界コストが、売る方、買う方双方に知られるようになると、市場価格は高効率で結晶を生産する人が多少利益が出るレベルに留まり、普通に装備の下取りをしようと思っていたライトプレイヤーの収入元を直撃する。

そして、高レベル職人たちが割安になった結晶で武器・防具を付くことで、法外な値段がついた新装備が、普通に取引できるレベルにまで価格が下がる。

まさにMMORPG経済の縮図のような1か月だった。

このフォロワー層に情報が出回ることで、金策が一気にマズくなるというのは、とてもよくあること。
自分で検証した結果をブログに書くならともかく、PV目的で、2chやよそのソースから持ってきて記事にするようなサイトは、それによって機会損失を被る層からの文句を言われやすいよね。

本当に最先端行っている人達は、もうこんな構造分かりきっていて、短い旬で利益を出して、生産性の無い文句なんて言わずに次のネタを探す。
声高に広場(公式フォーラム)で文句言うのは、そういうところから情報を仕入れて、そのために準備して、いざ自分が儲けようというときには、同じように考えている人達との競争があって儲からなくなってしまった人って印象。

アカウントハックみたいな物騒な話や、だれかの発言をあげつらって批判するような雰囲気よりはよっぽど微笑ましいよね。

次回は、フォーラムでもちょっと話題になっている、装備の見た目変更システムや、どんどん進化していくエモート(しぐさ)機能とかについて書こうかな。

(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

Lodestoneコメント

金策はほんとMMORPGのなかで常に追及されるものですからねー。
まあこっちの終了版みたいにまともな経済活動がしにくい場合、
ギルの価値はかなりびみょーなんですが…

しかも分業が必須になるドラクエに比べ、こちらは自己完結が
できるので、余計流通に頼らなくていい状況もできたり。
ギル供給量ばっかり多くて使い道のほとんどない終了版と、
供給が絞り込まれててなにやるにも厳しいドラクエでは、
インフレとデフレの対照的な経済なので、対策はまた
全然違ってきますね。新生版ではどんな風にしてくるのかなー…
マテリアは揺らぎをなくしましたが、それだけではね。
その辺はフォーラムで意見を出しつつ待つ感じになりそうです。

ちなみにばんちょはドラクエではうまく金策の波を乗り越えられてますか?
Sofia Lada (Sargatanas)2013年01月23日 09:45
なんか ナンバリングのDQで金策ばっかりやらされるのも悲しい気が・・・
Tororon Northernblaze (Durandal)2013年01月23日 13:46
ゲーム内経済の事ばっか書いているからカネカネ言っているような印象を与えてしまったかw

プレイスタイルが金策中心じゃない人は自分含めて沢山いるよ。

ドラクエ10に家賃や食費みたいな、生活に必要な支出があるわけじゃないので、分不相応なモノは求めない、無駄使いしない、を心がければ、収入が支出を超えるようなことはないよ。

もちろん、物欲に対して稼ぐ力が追いつかなければ「金策ばっかりやらされる」って感じると思うし、それを引退理由にする人もちらほらみる。

次次回あたりは、ドラクエ10でプレイヤーのモチベータ(やる気になる因子)は何か、みたいなのを考えてみよう。
Lucky Bancho (Durandal)2013年01月23日 20:48