親愛なるデュランダルの皆様、ならびに他ワールドのプレイヤーの皆様
幸運番長ですこんばんちょ。

FF14が終了し、現在再稼働中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
再稼働後のFF14にinしている人、他のオンラインゲームに行った人、積ゲーやっている人、カブやっている人、いろいろ居ることだろう。

自分は・・・というと、前回のLodestone国勢調査の際に、「そろそろネタ切れかも… 」と書いたらこんなリクエストを頂きました。



ということで、今回はFF14フォーラムのデータを収集し、分析してみました!
まずは、現行版終了までのLodestoneの日記投稿数の推移を紹介しよう。

■Lodestone日記投稿数の推移
前回から2月ほどしかたってないので、今年に入ってのこまかいところは、2周年の時にまとめておいたので こちらをご覧いただきた。

ここではLodestoneの開始からワールドダウン後までの日記投稿数とコメント数を見てみよう。


なんと、ワールドダウンの2012年11月11日のコメント数が、これまでの最高記録のワールド統合直後や、1年目のあけおめを越えて歴代1位になった。

日記投稿数も、正式サービス開始前のドタバタの2日の次に並ぶ第3位。
プレイヤー数の減少も考えると、かなりの人がこの日にしばしのお別れ日記を書いたことだろう。

最終セーブの11月1日もけっこう伸びている。
ただ、やはりワールドダウン後の日記数、コメント数とも激減している。
ダウン翌日に ログイン障害とかあったし・・・

参加者あってのLodestone。ひとまず、旧Lodestone の歴史も一区切り。
Lodestone国勢調査も、旧版ではこれが最後。

これまでLodestone国勢調査をご覧いただき、また応援していただいた皆様に感謝を!

新生版もご期待ください!

また新生になったら、新生Lodestone用のデータ収集をしなければ・・・。
収拾しにくいデザインじゃなければいいな・・・。



■フォーラムの言語別の活性度
FF14のフォーラムは、4つの言語のフォーラムが一つになっている。
日本語のフォーラムにも、他言語のフォーラムとの橋渡しをしてくれる人から、Google翻訳までつかって参加してくれる人もいる。

ただ、ほとんどの人は多言語のフォーラムの存在を意識していることは無いと思う。
では、統計でみるとどうだろう。



データは、フォーラム開設当初から2012年11月23日くらいまでの、現在トップから辿れる投稿が全部(削除されたものは無いということ)。
ユーザー数は、1度でも投稿した人をカウントしている。他の言語のフォーラムに投稿している人はダブルカウントされているので、合計の数値は厳密に言うとちょっとズレる。


見てみると圧倒的に、英語フォーラムが元気だ。

日本語のフォーラムのスレッド数が6千くらいなのに比べて3万。
参加者は日本語の2倍くらいだけど、スレッドや投稿数は5倍ほど。
活発にコミュニケーションしている様子が伺える。

投稿数を人数で割った、一人当たりの投稿数を見ると、フランス語フォーラムも活発さでは日本語に負けてない。

投稿数の推移を見てみよう。



全体のボリュームは圧倒的に英語フォーラムの投稿数に依存している。
特に投稿が多かったポイントは5か所ある。
(日本時間で集計しているので、言語間でイベントと日付は前後しています。)

・2011/3/8  フォーラム開設直後。
・2011/7/22 パッチ1.18リリース。初のインスタンスレイド「ゼーメル要塞」やオートアタックに代表されるバトルシステムの全面改修。
・2012/3/27 ワールド統合(とメンテ延長でLodestoneログインできず)
・2012/4/14 ガルーダトライアル開催。
・2012/4/26 パッチ1.22リリース
・2012/11/11 FF14終了イベント

日本語フォーラムと英語フォーラムで微妙に盛り上がり方が違うところもある。
2012/2/9のワールド統合案の発表は、日本語フォーラムの反応の方が相対的に大きい。

また、2012年5月頃、ちょうどガールダの黒PT問題やハムレットの不評なんかがあったあたりから、日本語フォーラムの投稿数が徐々に減っている。
けど、英語フォーラムではあまり大きく変動していないようだ。

逆に英語フォーラムでは2012年9月22日頃にガクっと投稿数が下がっている。
このへんはちょっと事情が見えない。


次にアクティブユーザー数をみてみよう。
これは、月単位で1度でも書き込みをした人をカウントしている。



目立つのは2012年4月の参加者数。おそらくガルーダトライアルの影響であろう。
他のフォーラムイベントが創作性が強いのに比べて読みもあるが、ほぼ運要素。
予想を書き込むだけでゲーム内アイテムが獲得できるチャンス。
その結果であろう。

日本語フォーラムのプレイヤー数はそれほど大きく上下していないのに比べると英語フォーラムのプレイヤーの変動が大きい。

タイミング的に、大きなパッチがリリースしたあたりで活発になっているようなので、恐らくフォーラム上で活発に攻略情報のやりとりをしているのだろう。

日本語ユーザーは、攻略情報のやりとりは、Lodestoneだったり、2chだったりがメインで、 そういうのにフォーラムを使うことは少ないからね。

投稿数でも書いたけど、一貫して同じ傾向がみられた投稿数、参加者数の推移が、2012年10月に真逆の動きをしている。ホントなんなんだろう。



■話題別の活性度
各カテゴリー別に集計し、閲覧数でソートしてみた。こちらは日本語のフォーラム。


まず、「ジェネラルディスカッション」が断トツに多い。雑談というか、FF14そのものについての、運営についての話だったりプレイスタイルの話だったりと、正解が無い問題でもある。よく言えば白熱し易い、悪く言うと炎上しやすいネタ。

次にきたのはクラフター、ギャザラーの「アイテム・製作・採集」全般。バトル系がシステムとコンテンツに別れているっていうものあるけど、FF14において、クラフター 、ギャザラーのシステムへの関心の高さが伺える。

新生こそ、ギャザラーの諸兄には、報われてほしいと切に願います。

その他ゲームシステムは、現行でない新生のゲームシステムについての話題が多い。

スレッド単体のランキングだとどうだろうか。


閲覧数1位は「ワールド統合について」
まぁ、現行FF14の2年間で一番コミュニティが大騒ぎしたイベントだったからね。
2番目が「吉田Pを全力で応援する人の数→」。息が長いスレッドで、吉田Pがたまに投稿してくるというのもあり、総閲覧数を稼いでいる。

そして、3番目に「ナイトがやわらかい」がくる。
単体ジョブのネタなのに、投稿数に比べて閲覧数がダントツ。
戦士盾全盛の時代にけっこう盛り上がった、ナイト達の情念と想いが詰まったスレッドでした。

ちなみに、投稿数でのダントツは閲覧数26位の「ガルーダトライアル」。次点でギャザラーの情念が詰まった「「すべてのお客様」にギャザラーはいない」スレッドだ。

個別スレッドを見てみるといろいろな思いが去来するが、スペースの都合もあるのでこのくらいに。

ちなみに、英語フォーラムだとどうか。


ジェネラルディスカッションがダントツで続いてワールドスレッド。
日本語フォーラムでのワールドカテゴリーのスレッドが100ちょいなのにこちらは2000以上も立っている。
ユーザー同士のコミュニケーションの場として、ワールドカテゴリーが使われていることがわかる。

個別のスレッドだとどうか。

1位が、運営側の日本語のポストを翻訳して投稿する「Translations (JP to English)」。
2位の「FFXIV Meme's」ってのは、見てみたけどカオスだった。
3位は実装されていないキャラクターの性別の話題・・・と続く。


■フォーラムの参加者
先にフォーラムの参加者の推移をみてみたけど、参加者の分布もみてみよう。

まず、投稿数の分布。これは言語関係なく、フォーラム全体の数字だ。


5000投稿以上もしている人が3人もいる。1000投稿以上している人は全体の1%にも満たない。
まぁ、この手の分布ではよくある話。

裾野の方はおそらくフォーラムイベントなどで1回か2回投稿したような人がほとんどだろう。
10以上投稿している人がだいたい6000人くらいだから、フォーラムの参加者数としては正味このくらいではないだろうか。

つづいて、ランクの分布。ランクは名前のところにつく勲章みたいなヤツ。
金の勲章が5ポイントで、銀が1ポイント。現在の最高ランクが5が5個で25ポイント。

基本的には、フォーラムをよく使う人ほど高いけど、投稿数が多いほうが必ずしも高いってわけじゃなく、番長もあまり仕組みがよくわかっていない。

でもまぁ、とりあえず見てみよう。


なんか分布が偏っている。ランク10を境に別れている感じだ。
なんか基準あるのかな。

次に、このランクの高い順、同率の場合は投稿数の多い順にならべてみた。


TOPは「パンツの人」。日本語のフォーラムでもよく見る、英語圏コミュニティとの橋渡しをしてくれている貴重なお方。

2位、3位は英語フォーラムの方、4位から6位に日本語フォーラムの常連の名前が見える。
さすがに、英語フォーラムの方が活気があるせいか、上位は英語フォーラムコミュニティの面々。18位にフランス語フォーラムの方がはいっている。

これを日本語フォーラムに100投稿以上ポストした人に絞ってみるとこんなかんじ。


お馴染みの方々のお名前が並ぶ。
フォーラムはフォーラムで独自のコミュニティがあるよね。

投稿数が1000を超えている人でもランク14あたりで固まっていて、意外に上位に来ていない。
多分投稿数以外になにかあるんだろう。


つづいて、スレ立て上位50人を見てみよう。


1位はなんとフランス語フォーラムの方。その数たてもたてたり200スレッド。
以下は英語フォーラムの方々のお名前がずらり。
100スレッド以上立てた人は日本語フォーラムにはおらず、14位にMoniさんがやっとくる感じ。

日本語フォーラムに限定するとこんな感じ。


20個以下でも50位圏内きちゃうんだね。

1位のMoniさんはタイトルの付け方が、【要望】とか【質問】とか分かり易くて、タイトルだけで要点が分かるように立ててくれている。スレッドタイトルのお手本だ。

2位のNandatteさんは、素朴なスレ立てや、新しいネタがあったらとりあえず立てておく感じのが多い。

スレ立てはこの2人がダントツな感じ。


あとは、モデレータに削除されたランキング・・・とかもあるけどこれは止めておこう。
お心当たりのある方は気を付けていただきたい。


ということで、今回はフォーラム特集でした。
データ収集プログラム作成からデータ収集、この日記かくのに3連休ほとんど使ってしまった。
収集プログラムのバグで何回か再収集するハメになったし・・・。

でも、フォーラムの意外な面が見えて面白かった。

新生でもユーザーフォーラムはあると思うけど、議論すべきゲームががらっと変わるので、今までのカテゴリーはいったん整理されるのかな。
明日26日には、αテスター枠が一気に広がりそうな気配だし、βがはじまったらβのフォーラムに人が流れるだろうし。
どうなるんだろうね。

Lodestoneコメント

新着日記のサムネ眺めてたら自分の顔がでてきて驚いたwまさかの採用w

JPフォーラムがあんまり活性化していないのはやっぱり2chの影響なんでしょうね。
フォーラムは雑談カテゴリまで仕様ネタ提案の場、みたいな感じで
「開発に言葉を届ける場」という扱いになってる気がします。

フォーラムが匿名性だったらまた違ってたのかもしれないですが
2chとの棲み分けができてこれはこれでいいのかなぁと思ったりしてます。
Yoh Toukuro (Durandal)2012年11月26日 12:18
フォーラムのこれだけの分析、スクエニもしてないんじゃないでしょうかw
海外プレイヤーは熱心でフォーラムを読んでいても楽しいですね
Anemone Aura (Sargatanas)2012年11月26日 20:56
分析お疲れさまー。新生でも期待してます。

で、フォーラムですが、確かに英語が活発ですねー。
読むとしんどくなりそうなので見てませんが、コアな話をするなら
英語のほうがいろいろ書けるかもしれません。
英語力があれば。

私自身はあちらで自己紹介でも書いてるようにギャザクラのフィードバック
メインで書いてますので、実はあんまりネタがしょっちゅうはでないと
いうか、投稿数も500ちょいで、中堅ぐらいになるでしょうか。
新生ではほんと報われたいです。
なので、フィードバックできるところは機会を見つけて常に
やっていこうと思ってます。
まあ見てからになりますけどね。あんまかわらなかったらしょぼーん。
固有コンテンツはない、といわれましたが、その辺払拭できるような、
プレイヤーからの賛同も得られ、吉Pもそれなら作ってみようと思うような
ネタを提供できたらいいなー。
Sofia Lada (Sargatanas)2012年11月26日 22:47