最終セーブなど、通過点に過ぎない。


フィナーレに向けて、まだまだ盛り上がっているエオルゼア。
ビクシーが連なったりネールが沢山湧いたり、ベットからレリックを拾ったり・・・なにやら悪い夢でも見ているかのよう・・・


・・・これは祈り子の夢?



夢でもいい、みんなと会えるならっ!

     PRIDE DURANDAL 根性祭り2012
                  11月4日 日曜日
                         
これは、第七霊災を乗り越えたレジェント達と、屈強たるアマルジャ達との熱き戦いの記録である。


レッドラビリンス
かつて、ラバナスタの闘士達と熱戦を繰り広げたこの地に再び戻ってきた!

                            PRIDE
                  無制限のタイマン一本勝負!

第1回戦。【白魔道士】寅吉・シビル

『ララフェルという種族は、結局のところ2つに分けることが出来ます。
トラキチさんと、それ以外です。(ドラクエさん談)』

ラバナスタで・・・いや、デュランダルでも最も愛されているであろうララフェル。
彼女とアマルジャピュージリストと体格差は絶望的だ。

「この闘いに買ったら、教授とばんちょーのあついなげきっすを要求します!」

このエオルゼアには異種族の間に、愛情の壁も、ステータス差もないのだ!

アマルジャの猛攻をプロテスとストンスキンで凌ぎ、残りHPに気を付けながらストーンで削っていく。

どかっ
アマルジャの強烈な右ストレート。

フレーム外に飛ばされる寅ちゃん。
しかし、そこには構えを解いた寅吉の姿が。

そして、目の前には崩れ落ちたアマルジャの姿が・・・

勝者。寅吉・シビル



第2回戦。【Nukite士】ゆるすマジ

デュランダル最強のNukite士。ゆるすマジ。その最初の攻撃は

チャクラム


コンカシブブロー!
チャクラム


オーラパルス!
チャクラム


AA!
チャクラム


地味にTPを稼ぐNukite士。

彼には必殺の奥義があった。


運営のアクション見直しにより、使い手が絶えた幻の必殺技 「NUKITE」
彼はその最後の伝承者だった。

最後の体力を削りあう消耗戦。そして放つ渾身の・・・ミス


チャクラム

AA



勝者。ユスル・マジ


第3回戦。【モンク】教授

ルガディン。

人口の多いデュランダルにおいても希少種とされる。

「LSにルガディンが一人もいない。」
「そういえば最近ルガディンとパーティを組んだことがない。」

そんな声も良く聞かれる。

ましてや癒し系ルガディンともなれば、さらにその数は限られる。


レイトン・アルセイフ。
彼こそが、数少ない癒し系ルガディンの一人である。


前回PRIDEでは体力2ケタになりながらも辛くも勝利を収めたが、ここで連覇なるか。

コロセウムガルレース&コロセウムサブリガ

ウルダハの街角でけしからん恰好をしているミコッテやヒューランの婦女子が昨今目につくが、コロセウムルガディンを見た者は少ないだろう。

である。


じりじり。


アマルジャとの間合いを詰める。


刹那


ひゅっ

羅刹衝

赤い肉の塊がアマルジャに突き刺さる。
対象に自身の敵視がのっていない場合に限り追加効果「スタン」。
会場の温度が上がる。最高のファーストアタックだ。

アマルジャの体制が整わない間にいっきに畳み掛ける。
TPをためて、当身。そしてスタン。


蹴りを放つ

拳が爆ぜる


もはや後退の2文字はない。回復を捨て、コブシを振るう。


アマルジャとルガディンのどつき愛。


共に死力を尽くし、そして力尽きたのはアマルジャだった。


勝者。レイトン・アルセイフ



第4回戦。【ナイト】ヒナタ・フー

黒渦団の真紅の軍装に身を包んだ赤髪のミコッテ。

ほの暗い谷間での決戦。
]エフェクトの光にヒナタの赤が映える。
決して番長がアマルジャの誘導に失敗したわけではない。


ナイトは、爆発力こそないものの、堅い守りと多彩なHP回復手段を持つソロでも安定した戦いができるジョブだ。



だが、戦闘が長引くにつれ、MPがジリジリと減っていく。。


頼みの綱はケアルとケアルの間をつなぐイージスブーン。
この硬さこそナイトの真骨頂。


そして、終始安定した試合運びでアマルジャを削りきった。

勝者。ヒナタ・フー


第5回戦。【白魔道士】テルミ・サクライ

カルナック出身の変なアイドル、てるみん。


なんとカウルのままで参戦。



HP回復をはさみつつ、エアロ、ストーンで削る。

プロテス、ストーンも欠かせない。しかしMPは底を尽きつつ・・・

困ったときのエリクサー!ちょっと持ち直す。


そして、アマルジャの体力が残り1割を切ったところで・・・

連続魔!・・・アマルジャの懐に駆け寄って

白魔道士最強魔法。 全てを出し尽くすホーリー!




しかし・・・残るっ。



MPはゼロ!



なんとかMP自然回復が間に合って、ケズり切った。

勝者。テルミ・サクライ



第6回戦。【モンク】ヒデヒデ・シレン

きた、コロセウムきたっ。

うん。やっぱりコロセウム装備はルガティンよりヒュラっ娘だよねっ。

果敢に攻めたてる。


やはり被ダメが大きい。

劣性になりながらも、驚異の粘りを見せるヒデヒデ。

アマルジャと五分のところまで追い詰める。


最後の一撃を決めるのはどっち!?







惜敗っ


勝者。アマルジャ・ピュージリスト


第7回戦。【モンク】チョコ・ティー

ララフェル×トナカイスーツ×モグモグフィスト。
これ以上にラブリーな装備があるだろうか。

無謀にも愛玩装備で挑んだのはボーダム出身の元ミコッテ。デュランダルでの姿はララフェルである。

戦闘開始から怒涛の攻撃。しかし被ダメはそれ以上。


どうするちょこてぃん!


・・・にげた


戦場はアマルジャとララフェルの鬼ごっこ状態に。内丹と薬のリキャストを稼ぐ



しかし現実は非情である。


ちょこてぃー、 撃沈。


勝者。アマルジャ・ピュージリスト




第8回戦。【斧術士】たま・N澤

ハイペリオンのたま王子が斧術士で登場。回復手段の少なさを、ジョブでなくクラスにすることで補う。

ケアル、フォーサイト、フェザーステップ、ブラッドバス。回復と回避手段を織り交ぜながら戦うそのスタイルは、ソロのクラス、パーティのジョブのコンセプトを体現したかのようだ。


それにしても、邪魔な鹿である。

何度もピンチになりながらも、回避回復を駆使して粘る。

そして、アマルジャの下敷きになりながらもアマルジャを撃破。

勝者。たま・N澤



第9回戦。【ナイト】ジャンク・シビル

まさか、トナカイ・・・だと!?

今回、ネタ装備で勝てた者は未だいない。

でも、ジャンクさんなら、ジャンクさんなら・・・やってくれる!

そんな周囲の期待を裏切るかのような、絶望的な被ダメ。
いつもの硬いジャンクさんの姿はなく、そこには一匹のか弱いトナカイがいるだけだった。


「インビンシブル開始!効果時間20秒」
HPは残り412、MPは残り72。この20秒で決着をつけなければ負けだ。

Joker Blackのイルージジャンプ。無意味に鹿が空を舞う。

「ライオットソード!」
アマルジャピュージリストは、崩れるように倒れた。

インビンシブル残り時間3秒。ジャンク・シビルの勝利である。

勝者。ジャンク・シビル




第10回戦。【吟遊詩人】アルム・セラ

ジャンクさんのまさかのトナカイ勝利。
ここでトリに普通のナイトで挑戦するのは・・・

そんなアルムさんが選んだのは吟遊詩人。弓である。


タイマンバトルに弓。。。去年の木工神の悪夢がよみがえる。
はたしてジンクスは覆せるのか!?

ダメージは高いものの、被ダメの多さと、意外に回復・回避手段が少ないというハンデを背負ってしまった。

スタンで足止めさせつつ、回復やTP溜めに時間を使う作戦も・・・

やはり後衛職の厳しさか・・・ソロは辛かった。


勝者。アマルジャ・ピュージリスト



特別戦。【黒魔道士】マーブル・チョコレート

アマルジャとのソロ対決。白魔道士、モンク、ナイト、戦士、吟遊詩人。
いろいろなジョブでの戦いっぷりを見せてくれた。

「最後に、だれか黒魔道士でやってみない?」
「折角だから、コロセウム装備貸してあげるよ?」
「できれば、胸の大きい子がいいな!」

ということで、マーブルさんの登場である。

もちろん、コロセウムショール&コロセウムロインクロス。


開戦を告げる稲光

どか

どか

どごーん

ちーん

勝者。アマルジャ・ピュージリスト


え・・・竜さんを忘れていないかって?

・・・うん、忘れていた






こうして、レッドラビリンスでの死闘を終えた我々は、次なる団体戦の会場、スカンボの安息所を目指すのであった。

待ち構えるは、最凶の挑戦者
モルボル!




・・・87?




87!?


聞いてないッスよモルボルさん!?

なにブックにないことしているんスか!?

せっかく、絵的にも、レベル的にもイベントとして成立するために方々探し回ってマッチメイクしたのに、台無しじゃないか!

なんのいやがらせだよっ!



というわけで、団体戦は急きょ、対戦相手探しから始めることになりました。

強化されたという、太っ腹のゴブリン。・・・いや強すぎる。
ピアストが70弱でちょうどよくない?・・・いや、絵的に地味すぎる。


そんなこんなで、白羽の矢が立ったのは・・・
グゥーブー

開始都市がウルダの冒険者は、エオルゼアに降り立って最初に戦う敵。
ストーリー的にも、絵的にも、団体戦の相手となるに相応しい。

しかし、肝心のレベルは・・・70~74。当初の予定からはかなりのオーバーブッキング。

「いい、やる・・・」

ジャンクさん!?
大丈夫!?勝てる?・・・いや、勝負になる!?



「・・・たぶん、大丈夫。」


ということで、団体戦は急きょラノシア石緑湖でのグゥーブーバトルになりました。


しかし、周りのモンスターもアクティブなのばっかり。事故者続出。
周囲のピアスト、サラマンダーを誘導して・・・

開戦!

トップバッターは チームトラキチ
 ・寅ちゃん
 ・ひなたさん
 ・アルムスマン
 ・ももちー
 ・ダンバインさん
 ・クロさん
 ・ジャンクさん
 ・白ナオさん

グゥーブーの攻撃は、当たれば1700overの強烈な一撃。
ジャンクさんとトラちゃんのW盾。攻撃を喰らったら、周囲がシャワーのようにケアルを掛ける。

薬品やスキルを使って防御力をたかめる。


しかし、無造作に腕を振り回しながら殴るグゥーブーの前に一人、また一人と倒れる。


だが、今回は一人じゃない!PTがいる!

カビ散布を躱し、スタンで足止めして時間を稼ぐ。
たまったTPで、一気にウェポンスキルで削る。

あと3割。

・・・2割。いける!

ジャンクさんが倒される・・・

ももっちがカビまみれになる・・・

でもあと少しっ!



・・・とどめを刺したのは
個人戦でいいとこなかったアルムさんだった!

勝者。チームトラキチ!



つづいて、まさか本当にやるとは思わなかった。 漁師チーム!
 ・ドラクエさん
 ・マジさん
 ・たまさん
 ・ちょこてぃん
 ・てるみん
 ・なうさん
 ・ロビンソンさん
 ・ジョーカーさん
 ・タイさん

減らねー

減らねー


減るわけがねー



しかし、漁師チームの真骨頂は攻撃に非ず。


サバイバル


エリアの境目を利用し、グゥーブーを誘導しながら、なんども無駄往復させる。
テリトリー作戦!

視界から消え、そしてまた突然現れるグゥーブー

アクティブとパッシブを強制的に切り替えさせ、時間を稼ぐ。





魔物のナワバリの習性を熟知した、まさにギャザラーならでは。
蘇生班のみならず、軍用再生薬もつかいつつ、グゥーブーを弄んでいる。


そう、この状況こそが勝利なのである!


だが、拡大する戦線。

巻き込まれるオーディエンス

参戦すサラマンダーとピアスト。

そして寝落ちする人々・・・


・・・もう十分だ!

みんな、掛かれ!

熱い戦いを見せられ、ボルテージがあがったみんなの攻撃が、レベル70オーバーのモンスターの体力をみるみる削っていく。

そして勝利・・・


止めをさしたのは・・・ドラクエさん!



勝者。ある意味漁師チーム!



こうして、PRIDE DURANDAL 根性祭り 2012が幕を閉じた。
現行での番長のイベントも、一応これで一区切り。
2年間の〆に相応しい、熱いバトルだった!



MMORPGのメインコンテンツはプレイヤー

まだまだエオルゼアにプレイヤーがいる限り、面白いことができるだろう。
今後ともよろしくお願いいたします。

Lodestoneコメント

吸い込みの瞬間すごっ!
Cro Issant (Durandal)2012年11月07日 03:39
熱い・・・!w
Arte Mischan (Durandal)2012年11月07日 04:08
いやー楽しかったです! 最後ジャンクさん見捨ててトラちゃん蘇生させてたのは内緒☆(>ω・)vキャピッ
Chibi Swing (Aegis)2012年11月07日 08:38
いやー熱かったですね!
そして1人1人の番長の解説がまた熱い!
表示制限でなにが起こってるか分らない所も多かったので、楽しく読ませていただきました!
Alum Sera (Durandal)2012年11月07日 15:36
(`・ω・´)ゞ 主催お疲れ様でした
バンチョーの分も11日にはじけておきます!
Pracha Fatima (Durandal)2012年11月07日 18:40
ひさびさにちょー熱い戦いだったのだ!
あとは ばんちょーからの勝利のなげきっすをもらうだけだぬ(`・ω・´)
Torakichi Sibyl (Durandal)2012年11月07日 19:05
漁師の最強をしめすことができて、満足です♪( ´(00)`)ブヒ
Tama Nzawa (Hyperion)2012年11月07日 19:17
主催お疲れ様でした!
新生でもまたイベント参加したいですヽ(≧∇≦)ノ
Miyah Placidus (Durandal)2012年11月07日 21:27
おつかれさまでした!
今回も楽しく参加させていただきました。
後日の日記を読みながらイベントを振り返るのも楽しみの一つになってます。
新生でも、メインコンテンツはプレイヤー で楽しく遊んで行きたいですね(^_^)
Hinata Fuu (Durandal)2012年11月07日 23:54
試合中は一所懸命でチャットログを読む暇は無かったわけですけども・・・改めて読んでみたらなんかすげえ言われようで超! 【エキサイト】ィン!

でも危惧していたNUKITE士からチャクラム士への降格という話は出ていないようなので安心しました。とってもたのしかったです!



*補記*
こないだツイッタでよくある診断をやってみたらこんな結果が出ました。

「 許すまじってる 」【言葉の意味】 1)豪快に空振りするさま。 2)ヒマはあるのにカネがないようす。 3)付き合う価値がない状態。
http://shindanmaker.com/234317

1)ェ・・・
Yurusu Maji (Durandal)2012年11月08日 14:06
www
カウル忘れてた(/ω\)盾かまえるの忘れたり練習よりうまくいかなかったけど勝ててよかったなりw
みんなの盛り上がる声援とかすごく熱いイベントだった!!あ、漁師チームには入ってなかったよwナオさんが見捨てたジャンクさんにレイズはしたけどw
Terumi Sakurai (Excalibur)2012年11月08日 15:48
ばんちょーの記事、とってもおもしろいです!
新生でもいっぱいユーザーイベントあるといいなーw
Momochi Kotonoha (Durandal)2012年11月08日 15:58
イベントはいろいろと熱かったですね!
結構な長丁場で大変だったことでしょう。
漁師チームは新生では大幅強化される予定です。

ちなみにテルミンではなくタイさんですね。ここ重要w
Dragon Quest (Durandal)2012年11月08日 17:55
nikite士?wwキャラの顔がほかの人と違ってるww

ニアのもお願いします^^ノ
Nia Kamiya (Durandal)2012年11月08日 19:45
コロセウム喜んで頂けたようでよかったです(〃ノωノ)

戦いは負けましたが、参加して本当に良かった思い出に残るイベントでした。
主催お疲れ様でした!
Hidehide Siren (Durandal)2012年11月09日 16:08
今更ながら お疲れ様でした~!
急遽参戦させて貰ったバトルでは3発でやられてしまいました
いい思い出になりました。
Marble Chocolate (Durandal)2012年11月11日 15:32